ジャンクドリキャスとプレステ本体

こんにちは。おさいふです。
久しぶりにハードオフでお買い物してきましたー
本体を買うのも久しぶりな感じがします…

SONY プレイステーション本体 SCPH-1000 108円
SEGA ドリームキャスト本体 MIL-CD対応 324円

まずはプレイステーション本体からご紹介…
SCPH-1000ということで最初期のプレステになります。
プレステ本体もかなりバリエーションがあるのですが、この型番は背面にコンポジ端子がついているのが、大きな特徴です。
また、初期型なので消費電力も若干高めになっています。

キャプチャーボードに接続するときにAVマルチ端子を接続しなくていいので楽になりそうです!
そういえば、一部の人はご存知かもしれませんが、この初期プレステにはCXA1645というアナログRGBからNTSCに変換できるICが載っています。それを使ってビデオエンコーダを作れるとのことなので、使い道はもう少し考えてみたいと思います。

動作のほうですが、基本的に問題なく動きますが、たま~にフリーズします。
それからS端子の直接出力のほうは、問題なさそうです。やっぱりコンポジとは違いますね~

そしてお次の紹介はドリームキャスト
本体裏面のプロダクトシール的なやつを見る限り、今回勝ったのは’99年製造のMIL-CD対応機っぽいです。
本体の下のほうが日焼けして、きれいなのかきれいじゃないのかグラデーションが出来ています(笑)

こちらも問題なく動作しました。
ドリームキャストはこれで2台目ですw この本体は日焼けもひどいし汚いので、普段使い用にしようと思います。

というわけでハードオフで買ってきたものの紹介でした~
この本体2つで400円!ハードオフの安さを久しぶりに感じられました~!
次回もよろしくお願いしますー

あなたにおすすめの記事