ちばレインボーバス 神崎線の通し運用が消滅

3月は別れの時期。人間同士の出会いもあれば、バスとのお別れもあります。今回は3月末のダイヤ改正で消滅するちばレインボーバスの神崎線の通し運用をご紹介。

神崎線は木下駅から津田沼駅までを結ぶちばレインボーバスの長距離路線。ほとんどが船尾車庫や八千代緑が丘駅で接続をとる形で運行されていますが、一日に数本だけ、全線を乗換なしで乗車できるダイヤがありました。今回はそんなレアなダイヤを含めて紹介してきます。

 

八幡神社経由 津田沼駅行き

船尾車庫始発の津田沼駅行きです。撮影時は平日のラッシュ時間帯ということもあり、そこそこの乗客がありました。

 

ほとんどのバスは八幡神社を経由しませんが、この便はしっかり経由します。八幡神社は船橋新京成バスが乗り入れているので、レインボーバスを利用する人はかなりマニアックな方でしょうw

 

経由の表示機はこんな感じです。

 

八幡神社経由 木下駅行き

先程紹介したダイヤの折返しの運用です。津田沼駅の始発バスになっており、木下駅に向かいます。八幡神社を経由し、千葉ニュータウン中央駅に立ち寄らずに木下駅に至ります。

 

このバスの30分後に、八幡神社を経由せず、千葉ニュータウン中央駅を経由して木下駅に向かう便もあります。どちらも1日1本のレアな運用です。相変わらずブレブレでお粗末な写真ですね…

 

津田沼駅から約1時間半かけて木下駅に到着。ここまで乗り通す人は基本的にいません。通しの運用がなくなるのも頷けますね… 寂しいけど。

なお、木下駅到着後は、折返しの船尾車庫行きとなります。

 

八千代緑が丘駅経由 千葉ニュータウン中央駅行き

こっちは通し運用ではありませんが、神崎線の行き先としてはレアな千葉ニュータウン中央行き。この運用も今回のダイヤ改正で消滅しています。行き先名が長いため、後方の電光表示板には「千葉NT中央駅」と省略されます。

っと、ここで写真のストックが切れたので終了です。

 

おまけ

どうでもいい情報ですが、ちばレインボーバスの公式サイトのデザインもちゃっかり更新されています。旧デザインのサイトは2020年まで使用されていました。新しいサイトはこちらからどうぞ。

 

あなたにおすすめの記事