【フリマ&ハドフ】2019年度後半に見つけた買えてよかったもの7選!!

こんにちは、おさいふです。

今年もあっという間に12月を迎えてしまいました。例のウィルスに世界中が振り回されて慌ただしい一年でしたが、来年は落ち着くんでしょうか…

っと、そんな心配をしながら、今回は1ヶ月以上前に投稿した、「【フリマ&ハドフ】2019年度前半に見つけた買えてよかったもの11選!!」という記事の2019年後半編なります~

ちなみに、これまでのお買物記録はコチラのカテゴリにまとめてありますので、ぜひご覧ください~

これまでのお買物記録はコチラから!

 

ジョイカードMK.2 ヘクター’87バージョン


ハドソンから発売された連射コントローラー「ジョイカード」のヘクター’87限定バージョンです。コントローラーの色は、ファミコンカラーではなく、ブラックに変更されていて、とってもおしゃれな一品でございます。

 

ブックオフの訳ありコーナーで購入しましたが、状態もよく動作に問題もなかったので、結構嬉しいお買い物でした。このコントローラー、ハチスケもプリントされていて良いですねw

購入時の記事はコチラ!

 

初期型PS3 (20GB)


こちらはGEOでの購入品。GEOセールが開催されていたので来店してみたところ、セール対象外ではありましたが、PS3本体がとってもお安かったので購入しちゃいました。

GEOのゲーム機本体の販売価格は、コンディションや付属品の有無に応じて値下げされるのですが、この本体は「本体のみ」という状態だったので、5480円+税から4796円ものお値引きが入りましたw

 

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

つまり購入価格は752円。しかも動作は確認済みで保証付き。PS1・2との互換がある初期型PS3がこの値段なら、購入しない理由が見当たりませんw

購入時の記事はコチラ!

 

Wii Fit Plus PLATINUM SOUNDTRACK


クラブニンテンドーの景品でもあるWii Fit Plusのサントラです。Wii Fitのバランスボードは今現在、色んな所で山積みになっていますが(笑)、発売当時は世間的にも話題になりましたよね。

Wii FitのBGMはどれもゲームに和むような、素敵なBGMばかりです。ゲーム中で聞いていても、あんまり目立たないけど耳に残る、優しいサウンドです。ゲームのBGMはYouTubeで簡単に聞くこともできますが、やっぱりCDで公式販売されているものが一番ですね…

購入時の記事はコチラ!

 

スーパーマリオギャラクシー サウンドトラック プラチナバージョン


PS3やXbox360といったHD機が頭角を表し始めた頃に発売されたスーパーマリオギャラクシーのサントラ。Wiiとは思えないほどのグラフィックで、3Dマリオの中でも個人的に特に好きな作品です。宇宙の重力感や快適な操作性は、この作品のイチオシポイントです。

 

BGMはマリオシリーズとしては珍しく、オーケストラを採用しており、これまでのマリオとはまた違った新しい雰囲気があります。サントラは一般販売もされていましたが、こちらはクラブニンテンドー限定版。CDは2枚組となっており、合計で81曲も収録されています。(通常版は全28曲です。)

購入時の記事はコチラ!

 

歴史秘話ヒストリア オリジナル・サウンドトラック


Fateシリーズやまどマギでおなじみの梶浦由記さんが音楽を担当するNHKの教養番組「歴史秘話ヒストリア」のサウンドトラックです。歴史秘話ヒストリアは、歴史上のエピソードを約1時間かけて解説しながら物語のように紹介していく番組です。

 

番組を実際に見てみるとわかりますが、歴史の重みを感じられる、広がりのあるサウンドは見事に場面とマッチしています。曲は番組内で何度も使い回されていますが、全然飽きませんw そのくらい、素敵な曲ばかりです。

購入時の記事はコチラ!

 

SFC モノポリー


ゲームが生み出されてから100年以上経った今でも愛され続ける名作ボードゲーム「モノポリー」。ボードゲームの雰囲気を残しながらゲーム化されたのがこちらのSFC版モノポリーです。

このソフトの特筆すべき点は、プロデューサーが糸井重里氏、BGMをすぎやまこういち氏が担当しているという点です。2人ともモノポリーがお好きということで、制作されたんだとか… 杉山氏はバックギャモンといい、色々なところで活躍されておりますね…

 

なお、BGMは中世風の曲調になっており、どこかドラクエを感じます。曲数は少ないものの、すぎやんファンとしては嬉しいところ。ちなみに、弦楽四重奏曲「モノポリー」というタイトルでCDも発売されていたりします。とんでもない価格で、現在ではもはや入手はかなり難しいと思いますので、YouTubeで共有されている音源を紹介します。

購入時の記事はコチラ!

 

Xbox360 桃太郎電鉄GOLD


HUDSONから発売された最後の桃太郎電鉄がこちらの桃鉄16GOLDです。桃鉄のメインユーザーがほとんど持っていなさそうなXbox360で発売されてしまったため、販売本数は悲惨なことになっているとか…ただ、ハドソン桃鉄唯一のHD対応版と考えると、とっても貴重なソフトだと思います。

 

当時、Xbox Liveを使った同時マルチプレイも検討されたそうですが、実現はされず… でも、Switchで発売される新作桃鉄の方は、ついにオンラインバトルも実装されるということで、非常に楽しみなところでございます。Switch持ってないけど…

購入時の記事はコチラ!

 

まとめ

というわけで、2019年度に購入して特に思い入れのあるものを紹介してみましたが、いかがだったでしょうか。購入品から絞り込んで、記事としてまとめるのはなかなか大変でしたが、こうしてみると2019年も素晴らしい作品にたくさん出会えて幸せですねw

お宝発掘という視点で考えれば、「ユナ Final Edition」や「ノットトレジャーハンター」が100円で買えたり、Wii Uセットを2000円で買ったり、フリマでAGES版のダイナマイト刑事を発見したりと、色々ありました。機会があれば、そういう視点で選んだソフトも紹介してみたいですね…

 

あなたにおすすめの記事